まじドラ報告用ブログ(仮)

まじドラ(ひで)によるある事件の報告です

メッセージ

今回の一連の問題について、
以降自称ナツキについてはN氏と表記します。
N氏が私に対して「ポンコツ」と発信していたこと、私がN氏に対して「頭がおかしい」と発信したことが発端でした。
傍からみれば、子供の喧嘩のような内容でここまで問題が大きくなることは全く望んでいませんでした。

私の投稿について、N氏は30万円の支払いを要求してきました。
私は投稿について謝罪しましたが、N氏からは謝罪はなく、むしろ30万円の支払いがなければ裁判をするなどと言われました。

警察・弁護士に相談すると30万円の支払いをする必要はないといわれましたが、その後、N氏はこの件に関するツイッターアカウントを開設し、自分の都合のいいように発信をし始めました。

N氏は発信者情報開示請求訴訟(1審)について敗訴しているにもかかわらず(今回の「頭がおかしい」という投稿は、すでに裁判上「社会生活上許される限度を超える侮辱行為とは認められない」という判決が出ています。)、
継続して攻撃的・挑発的な投稿を繰り返していることから、私は、弁護士に依頼し、改めて警察に相談することにしました。

 

警察によれば、N氏は警察には「関わり合いたくないだけ」と言っていることがわかりました。しかし、私はN氏からの30万円の支払いを拒否した時からインターネット上で彼について言及したことはありませんでした。

弁護士からはN氏に対して、今後私に対する投稿をしないことや情報開示手続(の控訴審)を取り下げること、当方も刑事手続を進めないことなどを条件に含む和解交渉をしてもらいましたが、結果、没交渉となりました。

その後、N氏の私や弁護士に対する攻撃は加速し、再度の警察訪問の際には、警察署から「事件として進められるが、刑事事件になれば更に事件が大きく複雑になってしまうのではないか」との助言がありました。

私としては、そのような助言を受けたことから、ブログを開設し本件の経緯を、誹謗中傷に悩む方や誹謗中傷を理由にいわれなき金銭を請求されている方に知ってもらうことで、誹謗中傷に関する議論が活発になり、SNS上のトラブルが少しでもなくなればという思いがありました。

しかし、N氏の攻撃的なツイートは今現在も続いており、私がブログを開設した目的も妨害されている状況であり、さらには(関連性はわかりませんが)ブログ公開後に弁護士事務所にも嫌がらせがあるようです。

このように攻撃的なツイートをされることで、一方の表現が抑圧されてしまうこともSNSが抱える大きな問題だと考えています。

現状を踏まえて、弁護士に相談し、ブログの公開をいったん止めることにしました。皆様にご報告できるのは少し先かもしれません。


N氏ことナツキさんへ

ここまで内容証明送付~このブログ公開は、私だけではなく、警察や弁護士と相談を進める中で出てきた話です。
あなたは、警察には「関わりたくないだけだと」と伝えていたようですが、実際には、2021年4月16日の誹謗中傷に対応中(現訴訟対応アカウント)のツイートでどこまでも執着するような内容の投稿や「訴訟で決着をつけるしかない」などと投稿しており、弁護士との和解協議も破棄しています。
あなたが私に「ポンコツ」と投稿したことは棚に上げ、私の「頭がおかしい」という一つの投稿をもって、金銭を要求し、ここまで問題を大きくしている理由はなんなのでしょうか。

最後になりますが、あなたには今現在この状況で身の回りに相談にのってくれる、説得してくれる親族や友人の方はいないのでしょうか。
私は親族を説得した上でこの対応に踏み切っています。
弁護士さんは最初から最後まで対応してくれた。警察は最初の訪問時は怪しかったけれど、最後はこちらの身を案じてくれた提案をしてくれた。最初から最後まで相談にのってくれた仲間がいた。
あなたに1年以上苦しめられてもこうやって戦ってこれました。

まだ間違えずに済むチャンスはあります。どうかこれ以上道を踏み外さないで欲しいです。

文責:まじドラ(ひで)

お知らせとここまでのまとめ

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。
これまでの経緯について忘れている人も多かったりするかもしれませんが、
ここでは2020年6月2日以降実際に起きていることについてにお伝えしております。

お知らせ


3件お知らせです。その前にまず2件はいずれも5ちゃんねるブロガースレに書き込みの方宛てです。
なお5ちゃんねるブロガースレで自由に議論していただくのは構いません。

コメントに関しては承認制とさせていただいております。
内容を精査し、回答できるものは回答を差し上げます。
本当のことを言ったら訴訟を起こされるのが恐いという方、秘密は厳守します。
こちらからは訴訟を起こすことは、よっぽどのことを除いてまずありませんのでご安心ください。


一般の方はもちろん、現役の弁護士をはじめとした法律関係有資格の方からも広く意見を頂戴したいと考えております。
ただし、事件は継続中であることから、今後に影響する項目への回答は出来かねますのでご了承ください。

 

1件目


ブログの記事を本文まるごとあるいは都合の悪い部分は除いて5ちゃんねるにコピー&ペーストする行為は著作権の観点からご遠慮ください。
昨日よりコピーガード機能を追加しました。

2件目

このブログで書かれているものはすべて弁護士が確認の上、記載されています。今後に影響する項目については伏せております。

3件目

ブログのコメントで6/12~6/13に質問に来られた方へ。
ご質問に対し、こちらからもう少しお話をすることがあるのと、回答できるかどうかを含めて精査中です。お待ちください。

第4回までのまとめ

匿名掲示板で私が自称ナツキに対し「頭がおかしい」と発言した。
それに対し自称ナツキは侮辱である。条件次第では許すとした。
こちらは謝罪をした(以前自称ナツキが私をポンコツと称したツイートに対しては謝罪はありません)
私は謝罪をしたが、和解金と称し現金30万円を要求されました。
「頭おかしい」一言で30万円?これを払わないと裁判する?
これはやりすぎではないか?恐喝ではないかと思い、その場で110番しました。
そこでは弁護士への相談を提案されました。

弁護士からは「情報開示が認められるほどの違法性はない。お互い関わらないことで和解するのが良い」。
訴訟すると言われていることに対しても「現段階で対応する必要はなし」との助言を受けました。
そして私は自称ナツキへの金銭の支払いを拒否しました。

このブログの冒頭(第1回)もちょっと難しかったかもしれませんが、

言いたいことは
「頭おかしい」と一言言われただけで誹謗中傷だ。和解金と称して30万円要求。支払わなかったら裁判するぞ。
と言ったら恐喝という重罪(10年以下の懲役)になる可能性があるよ。
ということです。
恐喝を裏付ける話はそれだけではないのですが、それはまた明日以降話せる範囲でお話しできればと思います。

質問と回答

Q1.本当にまじドラさんですか?


A. 本物です。本物でなければ跡地のアカウントのプロフィールを書き換えることはできません。


Q2.まじドラにしては書き方がらしくない。


A. 普段ゲームのブログを見られている方にはなじみのない話が続いて申し訳ないです。
これは、ゲームではなく法律のお話なのです。
なお、今後ドラクエ10ブログをやるつもりはありません。

Q3.まじドラの後継者を名乗る偽物がいるようだが


A. 正直迷惑しています。単純に迷惑行為を行っています。こちらとしては後継者とは正式に認めておらず、その者とは今後一切関わるつもりはありません。

 

Q4.なぜ“自称”ナツキと自称をつけるのか?


A.以前は彼の本名と住所が判明していなかったので自称としております。なお、今後も彼の氏名等の個人情報を公開することは一切ありません。

第4回 弁護士への相談

前回までのあらすじ


頭おかしいと書いて自称ナツキから30万円の要求を受けたので、恐喝の現行犯で110番をして、弁護士に相談することになりました。


○弁護士への相談


6月2日~3日の自称ナツキとのDMでの直後に、2020年2月より別件で私に対し誹謗中傷を行っていた者への対応で相談をさせていただいていた

U&T vessel法律事務所代表弁護士 牛島 郷介弁護士に再度相談しました。


ここまでの経緯と書き込みについて教えてほしいとのことだったのでDMのやり取りと書き込みについて、すべてを伝えました。


本当に自分は訴えられるのか?裁判で有罪になるのか?多額の損害賠償を支払う判決を受けるのか?


その時点での弁護士の回答は
「情報開示が認められるほどの違法性はない。お互い関わらないことで和解するのが良い」
ということでした。


しかし自称ナツキは和解のためには頑なに現金を要求している。


現金の支払いがない場合は訴訟すると言われていることに対しても


「応じる必要なはい。」

 

とのことでした。

そこで私は後日2020年6月9日の話し合いで私は現金の支払いを拒否しました。

次回に続く。

第3回 慰謝料の要求

前回の続き

頭おかしいと1回書き込んだことに対して、和解条件としてTwitterのDMで現金30万円を要求されました。
証拠画像の掲載は弁護士により止められましたが、証拠として残しております。

 

これに対し、私から減額や該当の書き込みの削除など代替手段の提案を行いましたが受け入れられず、自称ナツキは「代替案の提案はなかった」としました。


自称ナツキは条件が飲めない場合は訴訟を行うと宣言。これに対し恐怖を感じた私は恐喝の現行犯ではないかということで即座に110番通報を行いました。


その際、「すぐにお金は支払わないこと。弁護士を入れて相談するのが良いのではないか」と指導を受けました。そこで弁護士に相談するようになりました。
以下刑法を引用します。

 

第三十七章 詐欺及び恐喝の罪

(恐喝)

第二百四十九条 人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

(未遂罪)

第二百五十条 この章の罪の未遂は、罰する。

 
次回に続く

第2回 この事件のきっかけ

前回の投稿にたくさんのアクセスを頂きありがとうございました。
引き続き事件の経緯を紹介します。
現在進行中の事件であることと、専門家とともに内容を精査しながら公開しております。もっとドーンと公開してほしいという意見もあるかもしれませんがご理解くださいますようお願い申し上げます。

この事件のきっかけ

本件は令和2年(2020年)6月2日、私が匿名掲示板に自称ナツキについて「頭がおかしい」と書いたところ、自称ナツキより謝罪を求められた。

かねてより自称ナツキは私に対し、辛辣な批判を続けていました。その中にはポンコツという表現もありました。頭がおかしいが侮辱として認められるのであれば、ポンコツも度を越えた侮辱表現ではないかと指摘しましたが聞き入れられませんでした。(※その後自称ナツキは削除を実施。詳細は後日経緯報告でもお伝えします。)

 

ナツキから提示された和解条件には、

「侮辱に対する慰謝料について少額訴訟の上限60万を請求する予定であるが、開示請求前に本人からコンタクトがあり謝罪及び和解の意思があることから事務負担軽減分及び誠意を考慮し半額の30万を支払うこと。一括か分割かについては相談に応じる用意があります。」

という内容が含まれていたことから、警察及び弁護士に相談することになりました。

次回に続きます。

第1回 はじめに

ここでは、自称ナツキが私に対し発信者情報開示請求を続けている件について事実及び経過をお伝えします。
この記事は随時更新あるいは別記事で更新いたします。

 はじめに


 今般、インターネット上の誹謗中傷を理由に著名人が自殺するなどのニュースを目にすることが増えています。憲法上認めたられた表現の自由も第三者の権利を侵害する形で行うことは許されませんが、ひとえに「誹謗中傷」といっても、どのような表現が許されてどのような表現が他人の権利を侵害するのか、我々一般人には必ずしも明確ではありません。
 今回、私自身が「誹謗中傷」問題の当事者となり、実際に紛争となっている件について、皆様に「誹謗中傷から恐喝に発展する危険性」についてお伝えしたいと思い、別途このブログを開設しました。
 また、相手方がインターネット上で恣意的な内容を発信しているため、私からも発信することで皆様にとって有益な判断材料となればと考えています。
 今後は、事件の経緯や代理人弁護士とのやり取りを含めてブログを更新していく予定です。


登場人物

まじドラ(ひで)

本件対応アカウント

まじドラの事件対応アカウントさん (@dqxi_cc_report) / Twitter

旧アカウント


まじドラ10 跡地 (@dqxi_info) | Twitter


この記事を書いてます。2017年6月から2020年6月までオンラインゲーム「ドラゴンクエスト10」を扱ったブログ「まじドラ10~まじめおじによるドラゴンクエスト10攻略ブログ」というブログを書いていました。
ハンドルネームはひでというのですが、ブログの読者さんが増えるにつれてまじドラさんと呼ばれるようになることが多くなりました。呼称はどちらでも構いません。
2020年1月、万魔の塔でパーティーを組んでいて無言抜けするプレイヤーに対しての意見を述べたところ、5ちゃんねるブロガースレでいわゆる炎上。
ただその叩かれ具合に問題がある(プライバシーに関わるものを含む)ため、警察に相談・法的措置を行うことを示唆しても全く解消されず。ブログを一時閉鎖。それでも私に対する誹謗中傷ともとれる投稿は止まらず。
私も匿名で5ちゃんねるブロガースレで自称ナツキに対し「頭がおかしい」と書き込んでいたところ、以下の事件となりました。
旧アカウントには本件に関する重要な証拠が残されているため、そのままにしてあります。

自称ナツキ


Twitterアカウント本垢 

ナツキさん (@natsuki50509999) / Twitter

訴訟対応アカウント

ナツキ@訴訟対応中 (@natsukihibou) | Twitter


2019年4月までは全く問題なく「まいど!」の口調でTwitterで明るく振舞っていたドラゴンクエスト10複垢プレイヤーでした。その他原神やウィザードリィバーチャファイターなどもプレイしているようです。
しかし2019年5月以降Twitterでの発信が増える。2019年9月頃から他者とのトラブルが増え、2020年1月以降私に対し意見論評の範疇を超えた批評を繰り返した。2020年6月2日、私に「頭がおかしい」と言われて、発信者情報開示請求をプロバイダに対して行っている。
他にも複数件の本人訴訟を行っているようであるが、ここでは私及び代理人弁護士に対するものについては必要な項目を除き言及しない。
2020年7月頃から誹謗中傷対応アカウント(現訴訟対応アカウント)を別途作成し、私に対し挑発的な発信を続けている。
自ら誹謗中傷に対しての発信者情報開示請求から損害賠償請求をすると自称し、複数の法律家の意見を仰ぐなどと称していたが、実際には弁護士を立てず本人で対応しているようである。


牛島郷介弁護士


東京弁護士会所属。U&T vessel法律事務所 代表弁護士。
2020年2月以降、私に対する誹謗中傷に対して相談にのっていただいている。